MENU

軽自動車で10万キロ!走りすぎだと売れない?

 

「軽自動車で10万キロ超だと、値段がつきませんね」とディーラーなどで言われることがあります。

 

「そうだよね・・・さすがに走りすぎだし」

 

と諦める前に、30秒ほどお時間をください!

 

複数の買取店へ査定依頼をしましたか?

 

10万キロ以上だと”価値がない”と思われがちです。

 

確かに買い手の立場からすると、10万キロ超えの車は不人気です(汗)

 

ですが、日本人向けではなく、海外へ目を向けてみませんか?

 

海外へ輸出(※アフリカや東南アジアなど)したり、修理用のパーツとして取引されるケースがあり、
数万円ですが、値段をつけて売れる可能性があります。

 

ディーラーはそうした販売ルートがありませんが、買取店は幅広いルートを持っているため、 その確率が高いです。

 

また、複数の買取店へ査定を依頼することで、あなたの愛車の価値を最大まで引き出せるかもしれません。

 

「でも、あちこちの買取店へ声をかけるのは面倒だよね?」

 

そんなあなたにピッタリのサービスが、車の一括査定サイトです。

 

1回の依頼で、無料で複数社に査定依頼ができるサービスです。

 

【今すぐ、無料一括査定をするならこちら】

 

http://a-satei.com/

 

 

秘伝の奥義!を無料で試す

 

「よし、じゃあ、さっそく一括査定サイトに登録してみようか」

 

呼び止める女性

 

ちょっと待ってください!

 

実は、一括査定サイトは1つだけでなく、3つあり、それぞれ加盟している買取店が異なります。

 

【車の一括見積サイト】

  1. かんたん車査定ガイド(※無料)
  2. カーセンサー(※無料)
  3. 楽天オート(※無料)

 

極限まで車の査定額をアップさせたい!
のであれば、一括査定サイトも複数利用しましょう!

 

それぞれ特色があり、例えばかんたん車査定ガイドは大手有名店が多く、カーセンサーは地元系密着系のい店舗が多く加盟しています。

 

つまり、一括見積サイトも複数利用することで、より価格競争が激しくなり、高額査定の確率がグンッをアップします!

 

登録は手間がかかりますが・・・

 

「3つも登録?!面倒くさいな・・・」

 

確かにその通りです(汗)

 

ですが、わずか8分程度の入力で、数十万円以上高く売れる売れる可能性があるため、試す価値はあると思います。

 

もちろん、一括査定サイトの利用料金はすべて無料ですし、万が一提示額に満足できなければ見送ることも可能です。

 

このサイトがきっかけで、あなたの愛車が少しでも高く売れることを期待しております!

 

 

かんたん車査定ガイド(※完全無料)

 

 

 

≪特徴≫

 

@超高速の32秒! 他を圧倒する簡単入力
A愛車の買取概算価格がスグわかる
Bパソコンやスマホ初心者に優しい入力設計
CJADRI加盟店が参加

 

http://a-satei.com/

 

 

 

カーセンサー(※完全無料)

 

 

≪特徴≫

 

@リクルートが運営する老舗自動車情報サイト
A地元密着店に強い【※地元愛が強い方は必ず!】
B事故車も受付OK!

 

 

http://kaitori.carsensor.net

 

 

楽天オート(※完全無料)

 

 

≪特徴≫

 

@車売却で楽天1500ポイント付与!
A大手ショッピングモール楽天が運営
B初心者にやさしい

 

https://auto.rakuten.co.jp

 

 


 

コラム:はじめての軽自動車!メリット・デメリットを解説

 

軽自動車は世界的にも珍しい日本独特の規格から製造販売されているクルマですが、普通乗用車にはない魅力が色々あります。初めて軽自動車を購入しようと考えている方は、メリットやデメリットをよく理解した上で購入すると良いでしょう。

 

まず、軽自動車のメリットですが、経済性の高さを挙げることができます。車両価格は普通自動車よりも安く、燃費も良いのでランニングコストを抑えることができます。税金も法改正が行われ以前ほどの優位性は無くなりましたが、それでも優遇税制は続いています。また、将来売却する際の買取価格が、中古市場でも人気があるため非常に高いという点も見逃せません。さらに、コンパクトサイズであるがゆえの取り回しの良さもメリットと言えるでしょう。

 

軽自動車のデメリットとしては、エンジンが660ccと制限されているので非力であることが挙げられます。また、室内はひと昔前の軽自動車と比べると考えられないくらい広くなっていますが、それでも普通乗用車と比べると狭く、特に車幅に余裕がありません。乗り心地や騒音などに関しても普通乗用車に比べると劣ることが多いです。安全性については、基準を満たしているので問題はありませんが、大型トラックなどと衝突すれば、やはり被害は大きくなってしまいます。

 

 

TOPへ

 

 

車買取Q&A

 

軽自動車で10万キロ以上の買取は無理?※諦めたら試合終了です!

 

下取りと買取の違いとは?

 

車の下取りと買取は、同じようなシチュエーションで使われていますが下取りの場合はディーラーで新車または中古車を購入する時に買い取って貰う際に使う言葉です。車の購入が伴わないケースではただの買取になりますが、車の購入がとも舞う場合は下取りになります。

 

どちらも買い取ってもらうことには変わりはありませんが購入するかしないかの違いで呼び方が異なります。購入する際に車を手放すことを検討している場合は、手間を省きたい場合は下取りを利用したほうが全て一つの業者に任せられるので時間の節約にはなりますが、一円でも安く売却したいという場合は自分で見積もりサービスを利用して一円でも高く買ってもらえる業者を探したほうがお得になります。

 

通常、下取りサービスでは業者はできるだけ安く車を買い取ろうとしますが、一括見積サービスでは少しでも高く買い取ってほしい方が利用しているサービスですので高くつくケースが多くなります。一円でも高く売りたい場合には下鶏を利用するよりも通常の買取サービスを別の業者で依頼するのがおすすめです。その際、一括見積サービスを利用するとポイントをもらうことが出来ますし、高く買ってもらえる業者が見つかります。

 

 

 

自動車の基礎知識

 

軽自動車

 

車の寿命はどれくらい?※走行距離&年数はどれくらいまで持つの?

 

最近の車は性能も高くなり機能的にもとても便利になって来ています。車を定期的に乗り換える人もいれば乗りつぶすという人もいます。

 

新車なら長く乗ることもできますが中古車の場合などどれくらいもつのか車の寿命も気になります。基本的には車の使用年数によることと、走行距離によって車の寿命も変わってくることになります。

 

 

車にはいくつか消耗品となる部品がありますがこれらは定期的に交換をすることができます。例えばタイヤやブレーキパッド、バッテリーや電球類などは消耗すれば交換することでまた使用することができます。

 

このように考えれば車の部品で交換できないようなところや費用がかかってしまうようなところが故障してしまうと車の寿命という事でもあります。

 

きちんとメンテナンスをしておく事でこれら故障の頻度も少なくなります。例えばエンジンオイルの交換やミッションオイルの交換などです。

 

メンテナンス次第では走行距離も10万キロを超えても使用年数が10年越えても走ることができるものでもあります。
このように車はメンテナンス次第では長持ちすることになり、大きな故障がないように車検などの時にも点検をしておく事とメンテナンスを維持する事です。

 

 

軽自動車のタイミングベルトって交換時期はどれくらいなの?

 

軽自動車は国内では人気の自動車として扱われていて、小回りが利くことと税金などが安く、燃費も良好なので何かと維持費を安くすることができる車種になります。

 

軽自動車に乗っている場合でも普通車と同じ構造を持っていることが基本になり、タイミングベルトと呼ばれるものが取り付けられています。

 

このベルトに関しては交換時期というものがあるので、事前に十分に把握しておくことが必要です。

 

軽自動車のタイミングベルトの交換時期がどれくらいなのか迷ってしまっている場合では、一つの目安として約8万キロメートル走行毎に検討することが良い方法です。

 

普通車の場合では約10万キロメートル毎になりますが、軽自動車の場合では普通車と比べて平均するとエンジンの回転数が高めで走行していることが多いので、
それだけタイミングベルトが劣化を起こしてしまいます。

 

そのため年数ではなく交換時期がどれくらいなのかを判定するにはキロ数で考える方法が一般的です。

 

走行距離が8万キロメートルに近くなった場合では整備工場などで点検をしてもらい、
ひび割れなどの劣化が見られる場合では早めに交換を行うと、エンジンに損傷を与えずに済ませられます。

 

樹脂製ベルトの場合では必ず交換時期というものが来るので、軽自動車は約8万キロメートル走行毎にチェックを怠らないことが最善策です。